Live Computing Inc.

BLOG

ブログ

2019.04.30
ゲームプロデュース

近いようで遠い、ゲームとインターネットの世界

私は新卒でソフトバンクに入りベンチャーに携わった後、ゲーム業界でプロデューサーになりました。 インターネットの世界は技術の標準化が進み、その上のサービスは玉石混交な世界。ゲームはプラットフォームがあり、その上のゲームも承 […]

続きを読む
2019.04.22
ゲームプロデュース

ゲーム実況の可能性を広げる、STADIAの特徴

Googleが先月発表したストリーミングゲームプラットフォーム、STADIA。このSTADIAはゲームをダウンロードすることなく、ストリーミングで遊べるところが最大のポイントです。 ストリーミングでゲームが遊べること自体 […]

続きを読む
2019.04.15
ゲームプロデュース

機械学習でゲーム開発と運営、実況の可能性を広げる。

Googleが先月発表したストリーミングゲームプラットフォームSTADIA。 今回の発表では、Style Transfer MLという機能にGoogleの人工知能、特に機械学習における知見を感じました。これは、一枚のコン […]

続きを読む
2019.04.08
ゲームプロデュース

「提供する」インフラと「見る」インフラを組み合わせたSTADIA。

Googleが先月発表したストリーミングゲームプラットフォーム、STADIA。 ゲーム業界から距離があるようにもみえるGoogleですが、検索やGmailで培ったインフラと、ゲーム実況のリーダーでもあるYoutubeを持 […]

続きを読む
2019.04.02
ゲームプロデュース

人気作が遊べない。Apple Arcadeの戦略と課題。

エンタテインメントにおいて月額制やサブスクリプションというと、Netflixなどの動画配信やApple Musicなどの音楽配信を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。これらは過去の名作が豊富に揃い、新作もオリジナル […]

続きを読む
2019.03.29
ゲームプロデュース

売り方がどこまで変わるか。STADIAが与えるゲーム業界への影響

Googleが今月発表したゲームプラットフォーム、STADIA。ゲームをダウンロードする必要がなく、低スペックのパソコンでもゲームが楽しめる点が魅力的です。しかし肝心なところは、まだわからない点が多くあります。 ビジネス […]

続きを読む
2017.12.05
ゲームプロデュース

スポーツゲームのデザイン:複雑な要素を一つずつ味わう

囲碁を習っていた頃、ある先生に「一気に学んでも栄養過多になるだけ。一つずつ消化していこう」と教わったことがあります。 ゲームソフトが得意なことの一つに、複雑な物事をそれぞれの要素に分解しわかりやすく提示する、というものが […]

続きを読む
2017.11.14
ゲームプロデュース

親子で真剣にスポーツする思い出をARゲームで作る。

台風の多かった10月が過ぎ、スポーツが楽しめるいい季節になりました。公園で一緒に遊ぶ親子を見ていると、子どもと大人が一緒にスポーツを楽しめるとよいなあと思うのですが、これが案外と難しくもあります。

続きを読む
2017.11.08
ゲームプロデュース

AR(拡張現実)でスポーツ中継の投手と打者の駆け引きを楽しむ

  今年のメジャーリーグはポストシーズンでの日本選手の活躍もありワールドシリーズ最終戦まで楽しむことができました。DAZNのようなストリーミング配信サービスが登場し、テレビがなくてもスポーツ中継が見れて、好きな […]

続きを読む
2017.10.16
ゲームプロデュース

スポーツの力をARゲームで拡張する

スポーツとゲームの相性のよさ スポーツがコンピューターゲームと相性がよい理由のひとつに「プレイする前からプレイヤーにルールが明確であること」があります。 テニスであれば、ボールが飛んできたら、ネットに引っ掛けずに相手コー […]

続きを読む