Live Computing Inc.

BLOG

ブログ

 ホーム    ブログ    社内ITの選び方と運営    G Suiteの基本とカスタマイズ    エクセル同様に使えるGoogleスプレッドシートのショートカット
2018.07.24
G Suiteの基本とカスタマイズ

エクセル同様に使えるGoogleスプレッドシートのショートカット

Googleスプレッドシートにはエクセル同様に使えるキーボードショートカットが多数用意されています。ここではもっとも使用頻度が多いショートカットをご紹介します。

『コピー』するショートカット

セルや選択した範囲を残したままコピーするショートカットです。

Windowsは「Ctrl+C」、Macでは「⌘+C」です。

『切り取り』するショートカット

セルや選択した範囲を切り取るショートカットです。元の場所からは情報が消えてしまいます。

Windowsは「Ctrl+X」、Macでは「⌘+X」です。

『貼り付け』するショートカット

コピや切り取りした値などを貼り付けるショートカットです。

Windowsは「Ctrl+V」、Macでは「⌘+V」です。

この場合、罫線や色などもコピーされるため、私は値のみを貼り付けるショートカットも多用します。Windowsは「Ctrl+Shift+V」、Macでは「⌘+shift+V」です。

『シート全体を選択』するショートカット

シート全体を選択してフォントや色を変える際に便利なショートカットです。

Windowsは「Ctrl+A」、Macでは「⌘+A」です。

『検索』するショートカット

Googleスプレッドシート 検索するショートカット

シート内にある数字や文字を探す際に使用するショートカットです。

Windowsは「Ctrl+F」、Macでは「⌘+F」です。

探した値を置き換えることも多くあります。置換できる画面を呼び出すショートカットはWindowsは「Ctrl+H」、Macは「⌘+ shift+H」です。

Googleスプレッドシート 置換するショートカット

『印刷』するショートカット

Googleスプレッドシート 印刷するショートカット

シートを印刷する画面を呼び出すショートカットです。

Windowsは「Ctrl+P」、Macでは「⌘+P」です。

『ファイルを開く』ショートカット

Googleスプレッドシート ファイルを開くショートカット

別の資料を開くときに使うショートカットです。エクセルの場合は別の画面が立ち上がりますが、Googleスプレッドシートでは新しいタブに資料が開かれます。

Windowsは「Ctrl+O」、Macでは「⌘+O」です。

『セル内改行』するショートカット

Googleスプレッドシート セル内で改行するショートカット

セルに文字を入れる際に改行したい場合がありますが、その際に使用するショートカットです。このショートカットは公式には案内されていません。

Windows、Macともに「Ctrl+Enter」です。

『データの端や次のデータに移動』するショートカット

データが並ぶ行の両端や列の上下、データに隙間がある場合はデータがあるセルにすぐ移動できるショートカットです。

これは比較的最近知ったのですが、なんども矢印キーを押さなくて便利です。ショートカットもエクセルと変わりません。

Windows、Macともに「Ctrl+矢印」です。

『直前の動作を繰り返し』するショートカット

特定の場所に適用した背景色やフォントを別の箇所にも適用したいとき、エクセルではF4を押すだけで同じことが繰り返せます。

Windowsは「Ctrl+Y」、Macは「⌘+Y」です。

人によって愛用するショートカットにも差があります。これ以外にもたくさん用意されていますので、Google社公式のショートカット集もご確認ください。

またエクセルにはない使い方ができる、Googleスプレッドシートならではのショートカットもまとめていますので、ぜひご覧ください。

 
  
    
  

関連記事