Live Computing Inc.

BLOG

ブログ

 ホーム    ブログ    デジタル消費トレンド    アフターコロナ、航空大手より先にLCCが回復?
2020.09.26
デジタル消費トレンド

アフターコロナ、航空大手より先にLCCが回復?

SEO戦略 航空会社 アフターコロナ

ドラマ『半沢直樹』の元ネタとなっているJALの再建。旅客キロ数でANAがJALを上回るのは2014年ですが、検索回数では2010年1月に破綻してすぐ、ANAがリードします。

ここ数年は差が減ってきましたが、コロナウィルスの影響を受け両社とも一気に半減。9月に入り改善傾向ですが、まだまだ回復には道のりが遠そうです。

ANAもJALも10年間、検索回数が減り続けている

気になるのは両社ともこの10年間、検索回数はダウントレンドであること。LCCの影響もあるので、ピーチとジェットスターを加えたグラフがこちら

SEO戦略 航空会社 検索トレンド

検索量が減る要因にアプリの利用増もありますが、実数で比較ができません。月間利用者数(MAU)ではANAのアプリがJALの2.5倍、という推測もあります。アプリ利用が増えれば、PCやスマホ検索が減りますが、そのことが悪いわけではありません。

今後LINEなどチャットやスマートスピーカーで航空券予約やチェックインが普及すると、ますます検索回数は減っていく。先日発表のあったANAのGoogle フライトで予約は、PCですらANAのサイトを訪れることなく予約ができそうです。

しかし、ブランドの観点からみると、一定の頻度で話題を作り、企業名を検索してもらえる流れを作りたい。ご紹介しているGoogleトレンドには現れないSNSでもいいと思います。

休暇中も検索回数が減らないLCC

ここ5年間、季節変動を見るとANAやJALの方がアップダウンが激しいことがわかります。一般客が大量に動く長期休暇はむしろLCCが伸びるかなと思ったので、意外でした。会社が休みで出張手配がこの時期減るのも一因かもしれないし、帰省先からでもLCCの方が直前予約しやすいのかもしれない。

SEO戦略 航空会社 アフターコロナ

アフターコロナはLCCの時代?

9月に入り、エアライン各社ともコロナの影響から少し回復していますが、LCC2社の方が上昇度合いは高い。まだANAやJALには及びませんが、特にピーチは差が縮まりそうに見えるほど、伸びを示しています。もっとも、ピーチはANAグループですが。

コロナウィルスの影響を受け、法人客も今後はLCCに流れる可能性が高い。アフターコロナの時代、航空業界で成長機会があるのはLCCかもしれません。

関連記事