Live Computing Inc.

BLOG

ブログ

 ホーム    ブログ    デジタルビジネスの規模と戦略    Mac 販売台数と売上推移
2020.11.11
デジタルビジネスの規模と戦略

Mac 販売台数と売上推移

Mac 販売台数推移 1996-2018

年300万台から2000万台へ。iPod、iPhone、iPadに追い越されながらも堅調に伸びてきたMacの販売数と売上推移を追います。

iMacとiBookが伸びた2000年

スティーブ・ジョブズ氏がAppleに復帰した1997年から10年間のMac販売台数をみると、まず2000年にかけて大きく伸びています。これは1998年発売のiMacが200万台、99年発売のiBookも好調だったことが影響しています。

 

次に伸びるは2004年から。PowerBookやiBookのポータブルタイプが全体の51%(前年42%)を占め、Appleはノート型コンピューターの市場拡大に自信を深めたのではないでしょうか。

一方、この年は2001年発売のiPodが442万台売れ、329万台のMacを追い抜きます。

2009年、年間1000万台を超える

Macの販売台数が公開されていた2018年までグラフを横に伸ばします。Macは2009年に1000万台、6年後の2015年に2000万台を突破。2011年発売のiPadとのカニバリゼーションを危惧されながらも、年間1500万台から2000万台の間を推移しています。

 

2021年も、Mac過去最高売上を記録

2019年から販売台数はわからなくなりましたが、Macの売上高はわかるので、過去10年の販売数と売上を並べてみます。

2020年はコロナウィルスの影響を大きく受けたものの、Macは過去最高の売上高を記録。2021年も22%増で過去最高を更新しています。iPhone,iPadの2021年9月期決算は、ともに前年比38%増でした。

iPodの盛衰とMacの成長

ちなみに2004年にMacを販売台数で追い抜いたiPodは、その後2007年に5000万台を超えますが、同年発売のiPhoneに譲るように数を落としています。

 

iPadとMacの共存

iPadとMacの台数も並べてみます。iPadがMacの売上を一部奪うことはApple自身も認めていますが、iPhoneがiPodを置き換えたような関係ではなく、当面は共存すると思わせる推移です。

 

 

売上高でMacとiPadを比較すると、iPadデビューから5年ほどは逆転されたものの、2015年にMacが再逆転。一時iPadの売上はMacの7割ほどまで下がりましたが、2021年9月期は91%まで比率を高めています。

MacとiPad 売上推移比較

出典:Apple Investor Relations

カニバリゼーションが危惧されたiPadとMacbookは、うまく棲み分けながら、お互いに売り上げを伸ばしているのが現状のようです。

関連記事