Live Computing Inc.

BLOG

ブログ

 ホーム    ブログ    社内ITの選び方と運営    G Suiteの基本とカスタマイズ    Googleスプレッドシートの問題点:参照のトレースができない。
2018.04.10
G Suiteの基本とカスタマイズ

Googleスプレッドシートの問題点:参照のトレースができない。

エクセルにできてGoogleスプレッドシートにできないことの一つが、 「参照元・参照先のトレース」です。

エクセルでできる参照元・参照先のトレース

エクセルでは、特定のセルがどのセルに参照されているかをビジュアルに見ることができます。

エクセル 参照元・参照先のトレース機能

シートの作成時というよりは、チェック時に重宝する機能です。というのもエクセルはセルを貼り付ける際など、参照先がずれるケースが驚くほど多いからです。

Googleスプレッドシートでは参照元・参照先のトレースができない

しかしGoogleスプレッドシートでは、参照元や参照先をトレースする機能が2018年4月時点では実装されていません。

Googleドキュメントのヘルプフォーラム(英文)をみるとリクエストはされていますが、2016年8月時点で公式に実装されていないと返答されています。同じヘルプフォーラムでは、セルそれぞれにURLがあるのだから、参照した元のセルに自動的にハイパーリンクしてはどうか、といった提案もなされています。しかしこちらも2018年1月時点では対応が約束されていません。

参考記事

『何ができて何ができないのか。Googleドライブをオフラインで利用する注意点』
客先で焦らないよう、インターネットがない場所で使うGoogleドライブの注意点をまとめています。

『タスクを割り当てできる、Gmail共同トレイの基本機能』
Gmailの企業版は、届いたメールに処理する担当者を振り分けることができます。

『顧客や案件管理に使える、Googleスプレッドシートからの自動通知。』
スプレッドシートの変更を自動通知するやり方を二通りご紹介します。

人工知能が参照元・参照先をチェックする可能性

ひょっとするとGoogleは今後、人工知能で参照元や参照先の人為エラーをチェックさせるかもしれません。

エクセルとは違い、Googleスプレッドシートは常にインターネット上にあり、特に人工知能に関わる機能が進化しています。その一つにデータ探索という機能があって、グラフを自動的に作成してくれたり、書式設定を提案してくれたりします。

Googleスプレッドシート データ探索初期画面

Googleは2017年もこのデータ探索機能に、自然言語でグラフなどを作成する機能を追加しています。2018年や2019年あたりに、セルの参照パターンを見てエラー候補を表示する機能が追加されてもなんら不思議はありません。

ただし、仮にそのような機能があっても、ビジュアルに人間の目でセルの関係を確認できるトレース機能は欲しいところです。新たな機能の追加があれば、このブログでも取り上げます。

参考記事

『スマホ世代に贈る、仕事メールの原則。』
LINEに慣れた方へ、仕事でメールを使う上での注意点をまとめています。

『メール添付とリンクの違いとは。URLでファイル共有する10のメリット』
メールに資料を添付して送るのは、コピーを相手に渡してしまうことと同じです。最新版を一カ所で管理しアクセスも監視できる、リンクによる資料共有をご紹介します。

『ITは作るのではなく、選ぶ。中小企業こそ低価格なITで経営改善を。』
コモディティ化するITはもはや自社で作るものではありません。うまく選び、自社に合うチューニングを行うコツをご紹介します。

関連記事