Live Computing Inc.

BLOG

ブログ

 ホーム    ブログ    デジタル消費トレンド    iPhone 販売台数と売上推移
2020.10.30
デジタル消費トレンド

iPhone 販売台数と売上推移

iphone5_white

Appleは製品売上をiPhone、Mac、iPad、その他(Apple Watchなど)、の4つにわけて公表するのですが、2019年以降、iPhoneだけが減少する傾向が続いています。

2020年iPhone売上は4800億ダウン

2020年決算のiPhone売上高は$137Billion(約14兆円)と、前年から$4.6Billion(約4800億円)下がりました。iPhoneの売上が下がるのは2年連続で、他の製品やサービスが成長するなかiPhoneだけが縮小するのも、2年連続です。

今年はiPhone12の発売が遅れたことで、例年9月期末に貢献する新型iPhoneがないことも背景にあります。

iPhone販売台数の推移

2007年1月に発表されたiPhoneの販売数は2018年まで年度ごとに公式発表されていました。以下グラフでみると、2012年と2015年の伸びが特に大きい。

iPhone 販売台数の推移

出典:Apple Investor Relations

2012年の決算は9月で終わるので、期末直前のiPhone5だけでなく、2011年発売のiPhone4sがフル貢献。iPhone4とiPhone3GSも堅調に売れた結果、前年から5280万台を上乗せ73%アップを達成しています。

2015年はiPhone6とiPhone6sが絶好調で、前年から6199万台アップの2億3212台、比率で37%も成長。iPhoneの平均販売単価も11%アップしています。

iPhoneは単価UPで売上を伸ばしてきた

2016年に初めて下がったものの、年間2億台を販売してきたiPhone。上記のグラフに売上を重ねると、2015年と2018年は台数よりも売上の伸びが目立ちます(販売数は2019年以降、非公開)。

2015年に平均単価が上がったのは、前述の通り。2018年は前年のiPhone8, iPhone8 Plux, iPhoneXで全体的に価格を上げています。

Appleはその後もiPhone XSで価格帯を上げましたが、売上アップにはつながりませんでした。

注目度はiPhone5がピークだった

そもそも、iPhoneが一番注目を浴びていた時期は8年も前。『iPhone』で検索された数(全世界)をみると、毎年iPhoneの新型が発表される9月に伸びるものの、iPhone5以降はその頂点がずっと右下がりなのがわかります。

スマートフォンは社会インフラ化している

だだし、注目度が下がっているのはAndroidも同じ。ハードの差別化はすぐ追いつかれますし、App StoreはAndroidと違いを出しすぎると、人気アプリに逃げられてしまう。アメリカのSection 230にまつわる議論も、GAFA各社のサービスが生活に欠かせないものになったからこそ問題になっています。

iPhoneが生み出した、アプリを含むスマートフォンのシステムは、もはや電力や水のようなインフラ。ある程度普及したら、販売台数が落ち着くのは致し方ありません。

今後はApple自身も強調するように、競合するAndroidやAmazon Alexaでも楽しめるApple Musicのような、ハードウェアと切り離したサービスが主役になりそうです。

 

参考

Apple Investor Relations

ZDNet『Here’s an interesting chart: iPhone unit sales have been declining steadily for 5 years

関連記事