Live Computing Inc.

BLOG

ブログ

 ホーム    ブログ    サブスクリプション戦略論    Adobe サブスク売上推移
2019.07.18
サブスクリプション戦略論

Adobe サブスク売上推移

Adobe売上(構成比) 2009-2018

新卒入社時に売上4000億だったソフトバンクは、退職時1兆円を超えていましたが実感はありませんでした。

いま、1兆円目前なのがAdobe。デザイナーの必須ソフト、イラストレーターやフォトショップを開発、PDFファイルを生み出した会社です。

サブスクリプションで売上は倍に

Adobeは2012年、DVDやダウンロードによる商品販売をやめ、定額サービス(サブスクリプション)に移行しました。直後の2013年は8%売上ダウン。しかし翌年から上昇し2016年から前年比20%が続きます。

Adobe売上 2009-2018
出典:Adobe Financial Documents

サブスクリプション売上 8000億円規模に

Adobeは「サブスクリプション(青)」「プロダクト(赤)」「サービス(黄)」別に売上を公表しています。

Adobe売上(サブスクリプション/プロダクト別)
出典:Adobe Financial Documents

2018年サブスクリプションの売上は79億ドル(約8400億円)。最盛期のプロダクト売上34億ドル(約3600億円)の2倍を超えています。サブスクリプションへの移行が事業拡大の大きな要因と言えそうです。

3年でサブスクリプションが商品販売を上回る

売上構成比でみると、2014年のサブスクリプション売上が20億ドルと、プロダクト16億ドルを初めて上回ります。サブスクリプションを開始して2年半が経っていました。

Adobe売上(構成比) 2009-2018
出典:Adobe Financial Documents

サブスクリプションが3つあるAdobe

Adobeのデザイナー向け定額サービスは、Creative Cloudと呼ばれます。売上の半分を占める基幹ビジネスですが、実はあと2つ、事業があります。一つはPDF関連ソフト事業。もう一つは企業向けソリューション事業。

注意がいるのは、サブスクリプション売上が3事業の定額サービスを含む点。PDF関連事業とソリューション事業は、法人ビジネス。デザイナーソフト事業よりも比率は少ないものの、サブスクリプション課金があります。

サブスクリプション戦略の成功例とされるAdobeですが、Creative Cloudの売上や利益は外部からは知ることができません。サブスクリプション、というくくりで他事業の定額サービスと一緒に公表されているからです。

Creative CloudのARRから検証

そこで断片的に公表される、Creative CloudのARRをみます。
(ARRとは、『Annual Recurring Revenue』年間継続収益を差します)

2014年11月期末、Creative Cloud単体のARRは16億ドル。この年はプロダクト売上も16億ドル。この時点で、デザイナーソフト事業はサブスクリプション売上がパッケージと肩を並べたとみて、間違いなさそうです。
出典:Adobe Q4 and FY2014 Earnings Release 

最後にCreative CloudのARRが公表されたのは2015年の26億ドル(約2700億円)。サブスクリプション売上の8割を占めています。
出典:Adobe Q4 and FY2015 Earnings Release

ここ数年、Adobeは企業向けソリューション事業で買収を続けています。サブスクリプション売上に占めるデザイナーソフト事業の比率は、低下しているでしょう。

1兆円企業への道はさまざま

任天堂も2019年3月期に売上1兆円を超えました。Nintendo Switchのヒットで前期4890億円から1年で、なんと2倍に。

nintendo 売上推移 2015-2019
出典:任天堂 決算ハイライト

AdobeもNintendo Switchのように、デザイナー向けソフト事業で1兆円に到達しそうに見えますが、内実は違います。サブスクリプションビジネスの成功例とされ、成長余地がまだまだあります。

ただ、サブスクリプションビジネスとして研究される方は、複数の事業が組み合わさっている点に注意して、数字をご覧になってください。

 

2012年サービス開始当時のCreative Cloudプロモーションビデオ

関連記事